2008年05月31日

地震保険に加入しよう

一般の保険に天災の補償はありません。
地震の損害補償には、地震保険への加入が必要になります。
特に建物・家財を対象にした地震保険は、火災保険とセットで加入する場合が多いようですが、さまざまな取り決めがあるので、事前によく調べましょう。


posted by MIYAKO at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 備えあれば憂いなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

ブロック塀に注意

道路を歩いていて地震があったときは、ブロック塀などの倒壊に要注意。
1978(昭和53)年6月12日に起きた宮城県沖地震では、ブロック塀が倒れて亡くなった方がたくさんいます。
道端で揺れを感じたら、ブロック塀や門柱、電柱などの危険物からすぐに離れましょう。
posted by MIYAKO at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震だ!どうしよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わが家の防災サミット

突然やってくる地震に対しては、万全の備えが必要です。
できれば月に一度ぐらいは「家族防災会議」を開きましょう。
避難場所や避難経路の確認、お互いの連絡方法など、事前に話し合っておくことで、家族みんなの防災意識も高まります。
posted by MIYAKO at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 備えあれば憂いなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

津波に注意

近海で発生する津波は、5分間が勝負といわれています。
沿岸部で強い地震があったときや、弱くても長時間にわたって揺れを感じたときは、津波警報を待たずに、すぐさま高台などの安全な場所へ避難しましょう。
安全な場所については、あらかじめ確認しておくこと。
posted by MIYAKO at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震だ!どうしよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

ペットはどうする

地震で避難するとき、“もう一人の家族”ともいうべきペットを置いていくのは忍びないものです。
そうかといって、避難所では、動物が苦手という人に迷惑をかけることも考えられます。
こんなときは、ペットと一緒に避難してもいいかどうか、あらかじめ各自治体に問い合わせしてみるのがいいでしょう。
posted by MIYAKO at 10:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 地震だ!どうしよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

被災地の強い味方

被災地では、ライフラインが完全に復旧するまで、入浴できない日々が続くかも知れません。
そんなときに便利なのが、ウェットティッシュ。
汚れた体を拭いたり、傷口の手当てなどに威力を発揮します。
posted by MIYAKO at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | あると便利な防災グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みんな落ち着け

大地震のあとは、どんなに冷静な人でも気が動転してしまいます。
大変なときこそ、みんなで安全を確認し、協力し合うことが大切です。
「みんな落ち着け」と大きな声で呼び合いながら、パニックを防ぎましょう。
posted by MIYAKO at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震だ!どうしよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

家具を固定しよう

大きな地震が起きると、たとえ建物は無事でも、家の中が散乱してしまいます。
特にタンスや食器棚などの大きな家具は、不意に転倒すると、思わぬ凶器になりかねません。
倒れやすい家具は、転倒防止器具などを使って、あらかじめ固定しておきましょう。
posted by MIYAKO at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 備えあれば憂いなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

ごみ袋が大活躍

万が一被災してしまったとき、意外にも重宝するのが「ごみ袋」です。
何枚か重ねると、水を入れるポリ容器の代わりになるほか、簡易トイレとしても使用OK。
いざというときは、雨具や防水シートとしても役立ちます。
ちょっと多めに用意しても、じゃまになるわけではないので、非常用の持ち出し品の中に忍ばせてみてはいかがでしょう。
posted by MIYAKO at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | あると便利な防災グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

常備薬を用意

大地震が発生すると、病院も大きな被害を受けてしまい、薬が手に入らなくなる可能性があります。
万が一のことを考えて、常備薬はあらかじめ非常持ち出し品の中に用意しておきましょう。
posted by MIYAKO at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 備えあれば憂いなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すぐ行動に移そう

自分とその家族を地震から守るためには、まず備えることが先決です。
「そのうち地震の備えをしておこう」と悠長にとらえるのではなく、すぐ行動に移しましょう。
地震は、まさに今こうしている瞬間にも襲ってくるかも知れないのですから。

posted by MIYAKO at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 備えあれば憂いなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

避難は徒歩で

大地震発生後、むやみに車を利用すると、交通渋滞や二次災害の原因につながってしまいます。
道路が陥没していたり、電柱が倒れていたり、思わぬ危険に直面しないとも限りません。
救急車や消防車が活動することを考えても、マイカーの使用は避けて、徒歩で確実に避難するようにしましょう。
posted by MIYAKO at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震だ!どうしよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

いざというときの情報源

地震発生後は、正確な情報をいち早くキャッチすることが大切です。
停電中、地震に関する情報を入手するには、ラジオが一番です。
万が一の大地震に備えて、ふだんから乾電池の携帯ラジオを用意しておきましょう。
もちろん、予備の乾電池も忘れずにね。
posted by MIYAKO at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 備えあれば憂いなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エレベーターに注意

地震が起きて、避難するとき、エレベーターを使うのは厳禁です。
もしエレベーターに乗っていて、地震に襲われたときは、行き先ボタンを全部押し、最初に止まったフロアで降りて、階段で避難するようにしましょう。
万が一エレベーターに閉じ込められてしまったときは、携帯電話を使って管理会社や119番へ繰り返し連絡すること。
長時間に及ぶこともあり得るので、できるだけ体力を温存しながら、救助を待つようにしてくださいね。
posted by MIYAKO at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震だ!どうしよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

枕もとにはスリッパを

大地震は、いつ起きるかわかりません。
ひょっとしたら、真夜中の眠っているときに、襲ってくるかも知れません。
地震のあとというのは、ガラスや食器が割れて、足もとが危険です。
寝るときは、ぜひ枕もとに厚底のスリッパを置くようにしましょう。
素足では危ないので、できれば靴下も忘れずにね。
posted by MIYAKO at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 備えあれば憂いなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。