2012年06月09日

カセットボンベは必須アイテムの一つ

実際に大震災を体験して、もっとも困ったものの一つにガスがあります。
LPガスならともなく、都市ガスの場合は、ライフラインが復旧するまでかなりの時間がかかりました。
わが家で都市ガスが使えるようになったのは、地震が発生してから35日目。
つまり1カ月以上にわたって、都市ガスなしで生活せざるを得なかったのです。

そんな中、一番役に立ったのは、やはりカセットボンベです。
調理のときはもちろん、暖をとったり、温もりを感じたり、思わぬ形で大活躍してくれました。
品薄でスペアのガスが手に入らないという問題はありましたが、毎日家族のまん中にいて、みんなの気持ちを温かくしてくれました。
万が一の巨大地震に備えて、あると便利なカセットボンベ。
ぜひ皆さんのご家庭でも用意しておきましょう。

トップに戻る
【PR】停電時に懐中電灯として使える「充電式LED省エネ電球」


posted by MIYAKO at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | あると便利な防災グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。