2012年07月04日

夜の避難訓練

東日本大震災(2011年3月11日)後の余震の中では、1か月近く経ってから発生した4月7日の揺れが最大でした。
突然の縦揺れに見舞われたのが、夜の11時45分頃。
さすがに蒼くなりましたね。
正直いって「またか」と思いました。

当然のことながら、地震はいつ何時起こるかわかりません。
深夜に大震災が発生することもあり得るので、避難訓練は日中だけでなく、夜間にも行っておいた方がよさそうです。
暗闇の中でもスムーズな避難行動ができるように、家族みんなでぜひ実践してみてください。

トップに戻る
【PR】停電時に懐中電灯として使える「充電式LED省エネ電球」


posted by MIYAKO at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 備えあれば憂いなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

ガソリンは「常に満タン」

東日本大震災が発生してから、完全にお手上げだったのがガソリンです。
とにかくガソリンが入ってこない。
ガソリンスタンドも閉まったままで、いつ開くかわからない中、車の長蛇の列だけが続いていました。
万が一のことを考えて、やはり車のガソリンは「常に満タン」を心がけたいものです。

ガソリンのほかに、ぜひ用意しておきたいのが車載用の携帯充電器です。
震災後、仙台の中心部では、携帯電話に充電ができるところを探し求める“充電難民”の姿が多く見られました。
ああ、こんなときに車載用の充電器があったらなぁ‥‥と痛感させられたのを思い出します。
車内のスペースに余裕があるときは、非常用の持ち出し袋やキャンプ用品などを積んでおくのもいいでしょうね。

トップに戻る
【PR】停電時に懐中電灯として使える「充電式LED省エネ電球」
posted by MIYAKO at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 備えあれば憂いなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

乳幼児やお年寄りのための防災グッズも

久しぶりにブログを更新します。
東南海地震に代表されるように、今や日本中で巨大地震の発生が懸念される中、少しでも皆さんのお役に立てるように<小さな情報>を発信し続けたいと思います。

てなわけで、今日は防災のための心得を一つ。
万が一、大震災が発生したとき、避難所では多くの家族とともに寝食をともにしなければなりません。
その際、苦労するのが乳幼児やお年寄りがいる場合です。
小さなお子さんがいるご家庭では、食事や衛生面に気を付けて、ミルクや哺乳瓶、おむつなど、乳幼児向けの防災グッズを用意しておきましょう。
また、お年寄りがいるご家庭では、必要に応じて杖や入れ歯、補聴器など、シニア思いのグッズを準備しておきたいものです。
根底にあるのは、家族一人ひとりへの思いやり。
そう考えると、わかりやすいかも知れませんね。

トップに戻る
【PR】停電時に懐中電灯として使える「充電式LED省エネ電球」
posted by MIYAKO at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 備えあれば憂いなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

救援物資がすぐに届くとは限らない

万が一の災害に対する備えがあるのとないのとでは大違い。
震災後の状況によっては、救援物資もすぐに届かない場合があります。
日頃から自分なりの備えはしておきたいですよね。

トップに戻る
posted by MIYAKO at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 備えあれば憂いなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

最新情報をチェック

伊豆半島東方沖で地震が続いています。
備えあれば憂いなし。
最新情報をチェックして適切な対応を心がけてください。

トップに戻る
posted by MIYAKO at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 備えあれば憂いなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

帰宅地図を作成

大地震が発生すると、交通機関も機能しなくなってしまいますが、子供や家族のために帰らざるを得ない場合があります。
帰宅難民にならないように、自分用の帰宅地図を作っておきましょう。
万が一のときでも落ち着いて対処することができます。

トップに戻る
posted by MIYAKO at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 備えあれば憂いなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

長期保存が可能な水

大地震が発生したとき、もっとも困るものの一つに水があります。
万が一に備えて、長期保存が可能な保存水を準備しておきましょう。

トップに戻る
posted by MIYAKO at 09:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 備えあれば憂いなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

ガラスの飛散防止

大地震が発生した際、避難経路を確保するうえで欠かせないのが、ガラスの飛散防止です。
自宅の窓や食器棚などのガラスに、あらかじめ飛散防止用のフィルムを貼っておくと安心ですよ。

トップに戻る

posted by MIYAKO at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 備えあれば憂いなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

消火器の使い方をチェック

一家に1本は備えておきたい消火器。
いざというときに使い方がわからないなんていうことがないように、日頃から使い方をしっかり覚えておきましょう。
家族みんなでミニ講習会を開くのもいいかも知れませんね。

トップに戻る

posted by MIYAKO at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 備えあれば憂いなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

非常持ち出し品に注意

万が一に備えて、日頃から用意しておきたいのが非常持ち出し品。
あれもこれもと揃えているうちに、つい重くなりがちですが、子供がいるとか、お年寄りがいるとか、状況によって中身は変わってくるもの。
本当に必要なのは何かをよく考えながら、荷物を揃えておきましょう。

トップに戻る


posted by MIYAKO at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 備えあれば憂いなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

目安は1日約3リットル

一人が1日に必要な水の量は、約3リットルといわれています。
ミネラルウォーターや水の汲み置きなど、震災後3日分ぐらいは蓄えておきたいものです。
被災地では、トイレが切実な問題になることも念頭に置きましょう。

トップに戻る

posted by MIYAKO at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 備えあれば憂いなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

備えあれば避難場所

大地震に見舞われたとき、皆さんはどこに避難すればいいのかご存じですか。
指定避難所や広域避難場所など、日頃から家族みんなで確認し合っておきましょう。

トップに戻る

posted by MIYAKO at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 備えあれば憂いなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

非常口をチェック

大地震は、いつ襲ってくるかわかりません。
デパートや映画館など、外出先では非常口がどこにあるか、必ず確認する習慣を身に付けましょう。
非常口だけでなく、避難路を確認しておくことも大切です。

トップに戻る

posted by MIYAKO at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 備えあれば憂いなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

家族の役割分担

地震が発生したときに備えて、家族一人ひとりの役割分担を決めておきましょう。
非常時の持ち出し品や、防災用具の管理は誰がするのか。
そして小さなお子さんやお年寄りなどがいるご家庭では、一体誰がみんなの保護を担当するのか。
あらかじめ話し合っておくだけで、地震対策の有効な手立てにつながります。
posted by MIYAKO at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 備えあれば憂いなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

消火器の使い方は!?

地震で火災が発生したとき、初期消火に威力を発揮するのが消火器です。
万が一に備えて、各家庭に1本は備えておきたいものですが、肝心の消火器の使い方は大丈夫ですか。
いざというときに消火器が使えない‥‥なんていうことがないように、ふだんから使い方を覚えておきましょう。
posted by MIYAKO at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 備えあれば憂いなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

家の中にも避難場所を

大きな地震が発生したからといって、すぐさま外へ飛び出すのは危険です。
揺れが落ち着くまでの間、家族の安全を守るために、家の中にも避難場所を設けておきましょう。
家具が少なくて広いスペースを確保しておくことがポイントです。
posted by MIYAKO at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 備えあれば憂いなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

子供の遊び場をチェック

小さなお子さんのいる家庭で、ぜひチェックしておきたいのが、通学路や遊び場。
万が一の震災に備えて、危ない場所はないかどうか、あらかじめ確認しておきましょう。
いざというときの連絡方法や避難場所を教えておくことも大切です。
posted by MIYAKO at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 備えあれば憂いなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

大切なものの控え

非常時に持ち出す袋の中に、ぜひ入れておきたいのが、免許証や健康保険証、クレジットカードなどの控え。
決してかさばるものではないので、万が一に備えて用意しておくことをおすすめします。
posted by MIYAKO at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 備えあれば憂いなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

懐中電灯を用意

今日は福島県沖で地震が発生。
個人的に、その時間帯は福島県内にいたこともあり、さすがにびっくりしてしまいました。
本当にいつ何時発生するかわからないのが地震ですよねぇ。

さて、備えあれば憂いなし――ということで、ぜひ用意しておきたいものの一つに懐中電灯があります。
ライフラインの中でも、電気はもっとも早く回復すると言われていますが、例えば近所の火事など、何らかの理由で停電になることもあり得ます。
万が一に備えて、ぜひとも懐中電灯の用意を。

posted by MIYAKO at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 備えあれば憂いなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

何カ所かに分けて

非常用の持ち出し品は、万が一の備えとして大切ですが、いざというときに持ち出せないのでは意味がありません。
用意する際は、玄関やリビング、寝室など、必ず何カ所かに分けておくこと。
家の中だけでなく、車のトランクなどにもしまっておくといいでしょう。
posted by MIYAKO at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 備えあれば憂いなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。